ジョセフ・カナタチさんからの手紙

国連の特別報告者のジョセフ・カナタチさんからの手紙に日本政府抗議

国連の特別報告者とは国連人権理事会から任命され担当分野の人権侵害の状況を調査監視する任務を行う方で説明の返信もせず抗議とは大人げない対応だ

「共謀罪」法案についての疑問を

  • 「計画」や「準備行為」の定義があいまい
  •  対象犯罪が幅広くテロに無関係のものも含まれている
  • 当局の監視からプライバシーを守る適切な仕組みがない
  •  法案の成立を急いでいるため十分な議論がされていない

特別報告者の調査結果は人権理事会に報告されその見解は同理事会の決議により国連の見解となるとのこと

人権理事会の理事の日本は誓約文書で「特別報告者との有意義かつ建設的な対話の実現のため今後もしっかり協力していく」としているのに聞く耳持たずでは人権理事国としてあるまじき行為だ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です